ブルーシートができるまで

特長・強みの礎となるフラットヤーン

フラットヤーンとはポリエチレン、ポリプロピレンのフィルムを短冊状にカット(スリット)し、延伸することにより強度を持たせた平らな糸です。

ブルーシートが出来るまで

お花見などのレジャーから工事現場まで、あらゆる場面で活用されているブルーシート。そんなブルーシートの普段は見ることのできない製造工程をご紹介します。

スタート原料

  • 原料はポリエチレンの小さな粒。ブルーシートも最初はこんな粒から始まります。
  • 原料の粒を溶かし、薄く筒状に伸ばしてフィルムを作ります。

糸(フラットヤーン)をつくる

  • 切る
  • 伸ばす
  • 巻く

フィルムを細く切り、熱板とロールを使って伸ばしていきます。伸ばすことで、細くて強い糸(フラットヤーン)になります。完成した糸は1本ずつ機械で巻き取っていきます。

中核技術に注目!!

フラットヤーンをつくるための「切る」「伸ばす」「巻く」の3つの技術は、当社が創業以来守り続けている大切な「中核技術」です。これらの技術により、当社はフラットヤーン関連製品のほとんどを開発し世に送り出してきました。また、機械製品事業のスリッター等産業機械にも活かされています。

糸(フラットヤーン)の完成

  • こうして糸が完成します。原料に色を混ぜることで、白だけでなくさまざまな色の糸をつくることができます。

織る

  • 巻き取った糸を機械にセットし、織物にしていきます。
  • 工場内にはたくさんの機械があり、次々に織られていきます。

織物完成

  • こうして白い織物が完成します。幅はなんと、約3.7メートルもあります。

コーティング

先ほど作った白い織物を青くコーティングします。こうして巨大なブルーシートが完成します。

ゴール完成

  • カットして折りたためば、皆さんがお使いのブルーシートが完成です。

ブルー以外でも

糸の作り方や織り方、コーティングの仕方等を変えることで、ブルーシート以外にも様々なシートを作ることができます。

  • 耐用年数シート
  • UVシート
  • 遮熱シート

原料、熱板の温度、ロールのスピードなど、各工程を調整しながら、いろんな製品に適したさまざま種類のフラットヤーンを製造しています。
それは長年に渡りフラットヤーンを製造してきた萩原工業のノウハウがあってこそ。このフラットヤーン技術こそ萩原工業の礎であり、最大の強みなのです。

フラットヤーン特設サイトはこちらフラットヤーン特設サイト

ページトップ