土のうステーションのセット販売を開始しました

土のうステーションのセット販売を開始しました。

 

土のうステーション カタログはこちら

 

土のうステーションとは、各自治体の災害対策の一環として、地域住民や関係団体に密接する場所に点在させた”土のう置場”のことをいいます。

有事の際、大切な家屋等の浸水被害に備えます。あらかじめ土砂を詰めた状態で土のうを備蓄しておくことで、有事に袋詰め作業やその手配を行う
負担を軽減でき、軽減された時間や体力を”命を守る行動”に使うことができるため、被害を最小限に抑えられる効果が期待出来ます。浸水被害が懸念される場所に分散して配置することで効果的に被害を防ぐものと考えられます。

ページトップ