『耐候性』こうやって調べてます!【シート編】

萩原工業ではお客様からこんなお電話をよくいただきます☎

 

お客様   :#3000ターピーシートの使用出来る期間はどのくらいですか?

萩原工業:耐候性の事でしょうか?

お客様   :はい、1年位はシートを掛けておきたいので・・・

萩原工業:でしたら、#3000ターピーシートが適しております!

 

『・・・何を根拠に#3000ターピーシートは約1年は大丈夫と答えているの?』

の疑問に本日は答えていきたいと思います!

 

まず、そもそもシートはなぜ劣化してしまうのか。

要因はさまざまですが、一番の要因は『紫外線』です。

曇っていても紫外線は常に当たっており、屋外においていれば知らぬ間に劣化してしまいます。

 

 

 

そんな紫外線が当たる屋外でどれだけ使用できるのか、調べることができます!

それがこちらの怪しげなステンレス製の箱。

 

 

こちらが耐候性を測れる試験機です。

 

機械で測るんだ!と思われた方も少なくないはず。

 

そうなんです!耐候試験は実際に1年間屋外に置いておかなくても

耐候試験機に短期間入れることで1年間屋外に置いたのと同等の状態になります。

また、雨を想定し一定間隔で水を掛けているので、より屋外に近い環境を再現しています。

 

こちらが#3000ターピーシートの試験結果になります。

 

                        ※使用環境や状況により変わるため目安の数値としてお取り扱いください。

                        ※ブランク=新品

 

製品によって異なりますが、#3000ターピーシートは1年相当の耐候試験で75%以上の残存率であれば約1年の耐候性があるといえます。

しかし残存率が75%以上あったとしても表面のラミネートが剝がれていては(クラック)1年相当の耐候性があるとは言えません!

 

こちらが実際に国産品である#3000ターピーシートと当社販売の輸入#3000ブルーを耐候試験機に入れ比較したものです。

 

  

                                        ※点線より下が1年後の耐候性試験結果となります。

 

輸入品は表面のラミネートが剥がれており、中のクロス(糸)が見え始め、劣化しているのが分かります。

このような状態になった場合でも、シートとして使用する・しないはお客様の判断となりますが、

雨・風などの強い外部要因が発生した場合、ますます劣化が進んでしまうので、

シートの買い替えについても、程よく実施することをおすすめします!

 

萩原工業では耐候年数1年から10年のものまで幅広く生産・販売しております。

ぜひ、用途に合わせてお選びください!

 

次の機会に【土のう編】を紹介予定ですので、お楽しみにしていてください!  

 

                     

ページトップ