\新製品/燃えにくい・燃え広がりにくいブルーシート

防炎物品の使用が義務付けられている建造物があるのをご存じでしょうか?

普段あまり意識することはないかもしれませんが、ブルーシートはプラスチック製。

つまり原料が石油なので、非常に燃えやすいものなんです…。

今回新発売した「燃えにくい・燃え広がりにくいブルーシート」は、その名の通り防炎加工を施したブルーシート。

普段使っているブルーシートを置き換えるだけで防火対策が可能です!

防炎とは?

そもそも”防炎”とは、どのような定義があるのでしょうか?

”防炎”とは「燃えにくい」性質のこと。

繊維の燃えやすい性質を改良して防炎の機能を加えると、小さな火源に接しても炎が当たった部分が焦げるだけで容易には着火せず、着火しても自己消火性※により燃え広がらなくなります。

※自己消火性…有炎・無炎にかかわらず、小規模燃焼において燃焼が継続しない性質

防炎物品の法律

特に火災予防の徹底が要請されるような建築物や、不特定多数の人が出入りする場所、避難困難者が多数入居するような場所などに敷設する、「じゅうたん」「床養生シート」「工事用シート」などは、防炎性能を有する防炎物品を使用するよう消防法によって義務付けられています。
また、使用している物品が「防炎物品」であるとわかるように、その表示も義務付けられています。

①高層建造物(高さ31mを超える建築物
②旅館やホテル、宿泊所その他これらに類するもの
③病院・診療所・または助産院


などがこれに該当します。

「燃えにくい・燃え広がらないブルーシート」は防炎性能を保証する防炎ラベル付き

※防炎ラベルは消防庁長官の登録を受けた「登録表示者」だけに許された、防炎性能を保証する表示です。

参照:総務省消防庁「防炎の知識と実際《防炎普及用資料》」

防炎性能

それでは、「燃えにくい・燃え広がりにくいブルーシート」の防炎性能をご紹介!

スタンダードなブルーシート#3000と比較して燃焼試験を行いました。

燃えにくい・燃え広がりにくいブルーシート

接炎後30秒

一般的なブルーシート

接炎後15秒

スタンダードなブルーシートは着火後すぐに炎上し、15秒後には素材がとけてしまうのに対し、

「燃えにくい・燃え広がりにくいブルーシート」は30秒経っても接炎部分から燃え広がらないことが分かります。

燃焼試験の動画をご覧いただくと、その差がよりわかりやすいかと思います!

▽▼▽▼▽

約1分間炎を当て続けても、「燃えにくい・燃え広がりにくいブルーシート」は接炎部分から燃え広がることはありませんでした!

使用場面

二次災害対策や防火対策として推奨します。

災害後の屋根養生や…、

資材カバーとして防火対策に。

屋内での使用にも!

普段使っているブルーシートを「燃えにくい・燃え広がりにくいブルーシート」に置き換えて、すぐにできる防火対策はじめませんか?

▽製品詳細はコチラ

▽ご購入はコチラ

▽萩原工業の製品についてもっと詳しく知りたい方は下記フォームよりお気軽にお問い合わせください!

ページトップ