防災用土のう

危機管理・災害対策・防災用に多種類の土のうをご用意いたしました。

特長
用途や耐候年数に応じた土のうをライナップ。
目的別にお選びいただけます。
用途
●危機管理
●災害対策
●防災用
材質
 

製品仕様

事前に防災対策を

近年、日本では豪雨や台風による災害が各地へ深刻な被害をもたらしています。

河川の決壊による冠水、大雨による土砂崩れ、台風による屋根の損壊。

頻発するこれらの問題へ対処する準備はできていますか。

萩原工業では大雨や台風の際に止水できる土のうなど、

災害時に起きる問題に対処できる用品を取り扱っています。

あらかじめ準備しておくことで、災害時の被害減少につながります。

毎年やってくる非常時に役立つ資材をぜひご活用ください。

▼詳しくはコチラをチェック!

防災用土のう

UVブラック土のうNETIS 登録NO.CG-120013-VE】

当社国産土のうの最高峰

長期対応型(耐候年数約5年)

紫外線劣化防止剤を添加し、耐候性に優れた色である、「黒」を採用。

当社の国産土のうで最も高い耐候性を実現した最高峰であり、

長期間の備蓄や被災地復興の長期使用に適しています。

UVマクラ土のう

繋げて使う細長形状

長期対応型(耐候年数約5年)

紫外線劣化防止剤を添加し、耐候性に優れた色である、「黒」を採用。

間口を従来より5cm広くし、土砂を充填しやすくしました。

細長い形状の土のうを繋げて並べることで、

通常の土のうより少ない数で長距離をカバーでき、

豪雨などの水害時に素早く対応することができます。

スーパーUV土のうNETIS 登録NO.CG-120021-A 掲載期間終了】

耐候性とコストのバランス型

中期対応型(耐候年数約4年)

紫外線劣化防止剤を添加。

中期的な使用を想定しており、防災用の備蓄品として、

コストとバランスがとれた土のうです。

ブラックラインまで砂を入れると約20~25kg入る目安になります。

スーパー土のうNETIS 登録NO.CG-140008-A 掲載期間終了】

ローコストで大量備蓄

短期使用型(耐候年数約1年)

国産土のうの中でも比較的お手頃価格でありながら、

十分な耐候性を備えています。

大量の土のうをローコストで備蓄したい場合にオススメです。

ブラックラインまで砂を入れると約20~25kg入る目安になります。

用途

土塁設置、河川工事、道路工事の長期工事の土塁、または災害復旧工事にご使用いただけます。

また、あらかじめ備蓄しておいた土のうを使って、家庭玄関への浸水被害に対する緊急対応ができます。

関連記事をチェック!


意外と知らない!?土のう設置方法をご紹介!(記事に移動します)

【土のうステーション】砂を詰めてお持ちします!(記事に移動します)

新潟県と「災害時におけるブルーシート・土のう袋等の供給に関する協定を締結しました!(記事に移動します)

関連動画をチェック!

耐久期間別土のう袋のご紹介

  • 耐候性期間

  • 物性値 ※タテ×ヨコ

ページトップ